スイスを代表する時計ブランドのひとつ、コルムとは

スイスを代表する時計ブランドのひとつ、コルム

コルムとしての時計のコレクションが発表されたのは1955年です。
それ以前は 1924年に設立されたラ ショー ド フォンとしての時計ブランドとしての扱いでした。

コルムのブランドコンセプト、モットーは「完全な時への鍵」「Key to perfect time」
となっており、それを象徴するように コルムのロゴ、トレードマークは鍵をモチーフにしたデザインになっています。

ただいま、コルムの時計強化買取中

コルムは他の時計ブランドとは どこか異なる個性があり
それを代表する時計のコレクションとしての例ですが
ノー マーカー ダイヤルという文字盤部分に数字や目盛りが無い時計を発表したり
コインウォッチというコレクションでは 本物のコインに機械を組み込むなど
挑戦的かつ個性的な精神が伺えます。

他にも 文字盤の数字のかわりに国旗を用いるデザインの時計や
ドーム状のサファイヤクリスタルガラスを取り付けた バブルなど。

オーセンティックな概念から少し外れた、個性的な魅力に惹かれる方は多くいます。

今でこそ、時計のデザインは多様化していて 様々なデザインを目にする機会もふえましたが
コルムは一風変わったデザインの時計のパイオニアとも言えるかもしれません。

2013年に中国のワンダーマン ファミリーという企業に買収されましたが
この ワンダーマン ファミリーはグッチの時計を製造していた会社でもあります。

買収後の方向性は気になるところですが、時計に個性やアクセントを求める方にはコルムはおすすめです。

時計買取の専門店「ウォッチファン」

シャネルの時計の買取はこちら。

 

Leave a Reply